たけのこ.ホームページ.ジェイピー HOME

たけのこ.ホームページ.ジェイピー
たけのこ.ホームページ.ジェイピー

これぞ極上品の筍 『塚原たけのこ』

 京都大枝は「塚原たけのこ」の産地で、生産されるたけのこの品質はよく、中でも最もよいたけのこは「白子たけのこ」と呼ばれています。
 初夏より肥料をほどこし、竹やぶ一面に山草を敷き、5~6年たった古竹を切り取って親竹となる若竹を育てます。冬になると山草の上に置土をします。この作業を「土入れ」といい、軟らかな「塚原たけのこ」を生産するために欠かせない作業です。
  陽春の頃(3月下旬)たけのこが地中から土を持ち上げるので、糸すじほどの割れ目が見えてきます。地中に出るまでに「ほり」と呼ばれる独特のくわを使って早朝より掘り取ります。
味はえぐみがなく、軟らかで甘みがあります。

 旬の京の香り「朝掘り塚原たけのこ」をどうぞ御賞味下さいませ。

新着情報

新着 PICK UP

2014年度の「塚原たけのこ」の受付を始めました。

2013年度の「塚原たけのこ」の受付を始めました。

一部商品は、商品欄に記載されている時期からの発送となります。

天候不良のため、本日の発送は休ませて頂きます。

本日より、たけのこを掘り始めました。

ご予約を頂いているお客様には、本日より順次発送致しますので、もうしばらくお待ち願います。

2012年度の「塚原たけのこ」の予約受付を始めました。

今年のたけのこの掘り始めは4月上旬頃からを予定しておりますが、
気候の影響で多少遅れることがありますのでご了承願います。
一部商品は、商品欄に記載されている時期からの発送となります。

たけのこのゆがき方

 
1、たけのこの背のほうに、包丁の柄で切れ目を入れます。

たけのこ


2、切れ目に沿って、親指を入れて荒川をむき、上部の姫皮は残して穂先を切り取ります。

たけのこ


3、根元の赤く膨らんだ部分を包丁の背で削り取ります。

たけのこ

4、大きめの鍋にたっぷりの水を入れ40分程煮込んでください。

5、ゆで上がったらそのまま冷やし、たけのこを取り出し水にさらします。

6、包丁の背で取り残したうす皮をきれいに取ります。


  たけのこは掘ってから時間が経つほどえぐみが出てきますので、
 なるべく早くゆがくようにしてください。

昨日の竹林の風景

竹林の風景を。。。。
                 005.jpg

ショップ

携帯からアクセス